top_banner.jpg

2015年10月30日

安全靴雑感

どうも、レベル15エージェントのほうのmihoです。
沖縄にはいきません。(たぶん…

仕事上建築現場に出入りすることがあるのですが、現場によっては規則で安全靴の着用を義務付けられているところがあります。
せっかくの機会なのでいくつか買って履いてみました。
下の写真の左3足は安全靴、いちばん右の黒い革靴はコンフォートボロネーゼです。
151030.jpg

まあ、おわかりのとおり安全靴にも幅問題がつきまといます。
だいたい3Eとか。私が履くと、ゆるゆる、がばがばです。
うたい文句は「ゆったりした楽な履き心地」「幅広・甲高でも安心」みたいな、いつものやつですね。

しかし、ゆるゆるにもそれなりに需要があることがわかりました。
脱ぎ履きする機会がとても多いのです。
「ここまで土足」「ここからは内履き」「部屋内は紙スリッパ」など、こまかくエリアが区切られていて、そのつど履き物を替えないといけない。
のんびり紐を結んでいる手間が惜しいので、みんな紐を緩くしてそのままスポッと脱ぎ履きできるようにしています。
そのため、かかとのカットも浅く、柔らかい作りになっています。

モデルによってはペダル操作を楽にするために、かかとが斜めにカットされたものもあります。
そういった作業を長時間する人のための工夫だと思いますが、歩行にはどうなんでしょう。

あとは、履いていて意外とこたえるのが、作りがふにゃふにゃで柔らかいこと。
多くのものにはカウンターもシャンクもないのです。まあ、靴っぽい形をした袋状の何かという感じです。
そのため、足底の筋肉に疲労がたまります。合わないと感じる人は、それぞれ中敷きなどを入れて工夫しているようです。
私はふだん長靴代わりにハイカットの防水登山靴を愛用していて、それも幅がゆるゆるなのですが、作りはしっかりしているためこういった疲労感は感じません。
足へのダメージは幅だけの問題ではなく、靴の作りにもよるのだと実感しています。

ちょっと調べてみましたが、アメリカからの個人輸入だと多少幅が選べるものもあるようです。
Steel toe, Safety shoes などで検索するとヒットします。
ただし、送料や関税を加算するととても高価になるため、あまり現実的ではないかもしれません。

建築業界では男性比率が高いのは皆さんご存知の通りです。
しかし、今後は「土木女子」というフレーズで、女性の積極活用もねらっていく様子。
各メーカーに置かれましては、ぜひ女性も履けるようなサイズ感でデザイン性の高い安全靴を開発していってもらいたいですね。



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】

2015年10月25日

脚長実験(2)−1補足(骨盤の前傾・後傾について):補足の補足アリ

こんにちは!kです。

実験の姿勢のわるい例として骨盤の前傾させてみる、後傾させてみるというのをやってみましたが、骨盤の前傾・後傾について補足しておきたいと思います。

実は、前傾も後傾も、自分にとってはトレーニングをはじめる前の状態です。
普段は大抵後傾させていて、背筋を伸ばそうとすると前傾するという感じ。私はこれらの姿勢を肩や背中で引っ張り上げる形で行なっており、そのために肩や背中が硬直していました。(力を入れなくても縮んでいるので引っ張れる)

現在では、肩や背中が軟化した影響で肩の力が弱まっている為にヒールの靴を履いて、いろんなポーズをとるのはかえって難しくなっています。

shiseihikaku.png

自分で治すのは難しいのでは?というご意見もいただき、確かにその側面は否めないと私も思います。
しかし、他人の力だけでも治らないという側面もある思うのです。
そもそも、痛みもない辛さもない状態で治す必要があるかどうかも、その人次第です。

ただ、もし先日からの記事をみて、骨盤を前傾させるポーズが決して良い姿勢(スタイルアップもさせない)という風に思っていただけたなら、意識的に腰を反り骨盤前傾を助長させることを止めることはご自身でもできるのではないかと思います。
補足:自分が骨盤前傾なのか後傾なのか、自然なS字カーブなのか、そうでないのかを自分で判断するのが一番難しいと思います。骨盤の前傾・後傾・S字カーブを意識しすぎて、直接的に修正しようとすることはやり過ぎに繋がったりトラブルになりやすいということがいいたかったのです。コメント欄をご参照ください)

また、お持ちの靴の中で、コレを履いていると骨盤後傾しやすいとか前傾しやすいとかそういったことを感じてみるのも良いと思います。こういったことを感じながら靴選びをして、歩いているだけでも少しずつ変ってくる可能性は十分あると思います。
フォースはあなたとともにあります(<<結局コレか!)



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
続きを読む
posted by k(けー) at 13:29| Comment(3) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

脚長実験(2)〜姿勢によって脚の長さが変って見えるか?実験結果〜

こんばんは!kです!

最近、寒くなってきて肩こりがまたひどくなりがちで困ります。

というわけで、ハイヒールを履いても脚が長く見えない自分を振り返り立ててみた仮説は以下の二つ!

  • 姿勢が悪いことには脚の付け根引き下げ効果(すなわち脚短効果)があるのではないか?
  • ハイヒールを履くと姿勢がおぼつかなくなるケースの場合には、上記脚短効果とつま先が長く見える脚長効果が相殺されかえって脚が短く見えてしまうのではないか?

これらを検証する為に、実験をしてみました。

方法は、ローヒールとハイヒールを両方を履いて、骨盤の角度を前傾、後傾、まっすぐさせて立った写真を撮って比較をするというものです。
oxfordshoes.jpg

本当は、ハイヒールを履いておぼつかなくなったところとローヒールで姿勢がよいところとを比較することができるとよいのですが、現状のアライメント補正トレーニングを私は、過去の私とは違っておりましして・・・。ハイヒールでいろんな姿勢をとってみるとことがちょっと難しい。そういうワケでハイヒールのモデルとしてmihoさんにご協力をしていただいています。(ローヒールは私)

実験結果というと・・・現物を見ていた担当Tさんも唸るほど、明確に脚の長さの印象は変わって見えたのです。

続きを読む
posted by k(けー) at 22:47| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする