top_banner.jpg

2016年01月31日

フォースが守ってくれる。いかなる時も。 エピソード6 ジェダイの帰還

May the Force be with you.
フォースと共にあれ。

C3p0R.png

(前回までのあらすじ?)
ハイヒールを履いてみようと思い立ったkは、靴探しをだけでは無理だとパダワンとしての修行を開始した。
修行をしていくなかで発見したのは、自分がC3POの着ぐるみをきて動いていた事。
そしてそのことが原因でうまく行かない事を老化だとカンチガイしたり、自分の肉体的な限界だとカンチガイしていたりしたことだった。

人間の身体はもともと重力(フォース)に最適化されている。
すべての人間はフォースを感じ、使う事ができるはずなのだ。

マスターヨーダの言葉を胸に刻み修行を続けるパダワンkなのであった。

こんばんは!kです!

スターウォーズ エピソード7公開前になんとか終わらせてしまいたかった、パダワンkシリーズ。
年をまたがってしまいましたがついに今回で終了です。

もちろん私パダワンkはエピソード7見たのですが、とても面白かったです。
靴の観点・ファッションの観点から見てもハイヒールブーツで大立ち回りしていたプリンセス・レイアや盛りに盛ったクイーン・アミダラと比べ、新しいヒロイン・レイはとてもナチュラルでヒールのないブーツを履いています。
時代の変遷を感じますね。

また、ジェダイマスターたちの弟子がダークサイドに落ちて行く様もなかなか興味深い。「すぐに結果を求める事」の怖さみたいなものについて考えてしまいます。

わたしがこのスターウォーズシリーズを書こうと思ったのは「年をとったから○○」「子供のときの運動不足が原因で○○」ということについて、本当にそうなのかな?実は伸び代じゃないのかな?と感じたことがきっかけです。

例えば「C3PO」の着ぐるみが脱げかけてる感じ。

こういう体感的なことはかなり伝わりづらいと思います。

自分でもこの1年間で自分の身体が変ってきたことではじめて自分がそもそも「C3PO」の着ぐるみを着ていたかのように固まっていたことに気がついたのですから。1年前と比較して本当にリアルに身体が軟らかくなってきました。柔軟性が高まったとかではなく触ってその感じが全く違うのです。

今では去年から比べると、体脂肪率が5〜4%も少なくなりました。
もともとトレーニングをはじめた当初は、ドンドンと体重が増え(体脂肪率は変わらず)たのでしたが、今ではすっきりして元の体重に戻っています。むしろ痩せたくらいです。

身体が軟らかくなって思ったのは、冷たく固かったのは「皮下脂肪」だったのではないか?ということ。

●お腹
●二の腕
●背中
などがすっきりしてきました。

二の腕や背中などは痩せ難い部位とされているようですが、特になにもしなくてもすっきりとしています。多分、固まって動いていなかった物が動かせるようになってきたからだと思います。

お腹に至っては、お腹のぽっこり具合といったらこんな感じでした。
onaka.jpg

それがmihoさんのお腹(記事下参照)にはほど遠いもののちょっとだけ近づいてきました。(ちなみに割れてませんそういう近づき方はしていません(苦笑))

とにかく、年齢をとると仕方がないと言われていることがアライメント補正を続けるうちに少しずつ改善してきているのを感じるのです。

ちなみに「足囲」という意味では微増です。これは足の緊張がとれてゆったりしたこと。それとアライメントの補正により立ち方が変化した事で重心位置が変化した事にも起因していると思います。ここ数年、私の足をみている友人からは、数値では見えないところで、筋力アップして空中と着地の差の感じが少なくなっている(多分、ふにゃふにゃとした軟らかさではなくなっている)感じがすると言われています。

アライメント補正というと敷居が高く感じてしまうと思うのですが、結局私がやっている事と言えば子供時代のやり直しみたいな物です。

とにかくいつもと違うやり方で立ってみる。座ってみる。歩いてみる。
また立ってみる。座ってみる。歩いてみる。
その違いを感じる。どれが楽なのか、身体と心で地道に見つけて行く。

残念ながら子供時代の用に柔軟な脳・身体をもっていませんので解剖学というスケールで正しい方向性に導いてもらう。
フォース(重力)を感じ、それを頼りに考える。

まちがう。勘違いする。悩む。

そんなことの繰り返しです。

でも、少しずつ確かに感じられるようになってくる。違いがわかってくる。

まだまだハイヒールで闊歩するところにはいきませんが、ちいさな変化の積み重ねが大きな変化に繋がって行くのを感じています。

私自身は自分のことや自分がやっている事しかわかりませんし、それが誰にでも当てはまるとは思いません。

ただ、もしも、なにかのときにご自身の身体を立て直そうと思われたときにちょっとだけ考えてみてほしいのです。

人間は本当は重力と仲良くなれるようにできている。

間違った事もやっちゃうことがあるけれど、いつからでも少しでも取り戻す事はできると信じたいのです。

フォースが守ってくれる。いかなる時も。
The Force will be with you, always.

皆さんも、フォースと仲良くなれますように!
それが私の願いです。

posted by k(けー) at 22:47| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]