top_banner.jpg

2018年01月29日

靴紐を切ろう!

こんばんは!kです。

本年初めてのブログです。
去年のブログの記事が中途半端なままですが、続きは書きますので少々お待ちください!

ところで、先日某靴屋さんで紐靴を購入しました。

試着して紐を締めると最大限リボンの輪っかを大きくしても、まだまだ地面につきそう。


細幅あるあるだと思うのですが、靴紐が長いと地面についてすぐ解ける、汚くなる、などの不具合が発生しますよね。最近の私は、紐を自分で切ったり、短い紐に付け替えたりしています。


しかし、せっかくの新しい靴、あまりの紐の長さに、靴紐って切ってもらえますか?と聞いてみました。

お店の人は「はあ?」という反応。靴紐切ってほしいというオーダーはこちらのお店ではあまりないようです。
「靴紐の先の硬い部分がなくなってしまうので靴紐は切らない方がいいですよ」
と言われてしまいました。

うーん、残念。

確かに靴紐の先がなくなると紐通すのが難しくなってしまうので、ただ切るというわけには行かないのです。

靴紐が長すぎて困ってらっしゃる方向けに、熱圧縮チューブを使って紐の長さを調整する方法をオススメします。

ちょうど動画があったのでご紹介しますが、他にもネットで調べるといろいろ出てきますよ。


専用品がシューレースパイプとしても売っていますが、工作用のチューブでも対応可能です。

自分でやるのが面倒、紐の色を変えたいというような方には靴紐のオーダーメイドもあります。カラー太さなどにこだわりのある方はぜひ、使ってみてください。私は「靴ひも工房」というネットショップで頼んでみましたがかなりしっかりしたいい紐でした!




靴紐を適切な長さにするとかなりストレス軽減になるのでぜひお試しください♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]