top_banner.jpg

2018年02月04日

チャーチが履けた!(クララが立った的な感じで)(2)

こんにちは!kです!

さて、たまたま入ったお店でセールをやってたという理由で買ってしまったチャーチを履いてアイスクリームを買うミッションに出かけたkさん、いったいどうなってしまうのか?の続きの前にここで、なぜ、Cherch'sが履けることがどれほど私にとってすごいことなのか、説明をしておこうと思います。

皆さんは いわゆる「靴底がかたく、慣らしが必要な革底の靴」をおはきになったことはありますでしょうか?

私は実はこれが初めてのことだと思います。

基本的に私が靴に困っていなかったのは普段からスニーカーを履いていたからであり、紐であろうとローヒールであろうと革靴というものはすべからく、痛くて履けないものでした。

これは履けそうと思って購入した靴を履いて100メートルも歩いたところで、かかとは完全に剥けて激痛。一歩も歩けなくなる。
全治1ヶ月の傷を負い、絶望しながらそのままかかとを保護して1ヶ月はできるだけかかとに触らないような靴を履いて過ごす。

みたいなことがかなりの確度で起きるわけです。あまりの失敗率の高さに高価な靴を買う気になどなれません。なんとか履くために、かかとには芯が入っていないふにゃふにゃのものを選びます。

最近では革靴も履くようになりましたが、それは全て、オーダー靴(サイズに合わせて作ってもらったもの、ポディア、白靴)。これらの靴は、ボロネーゼ製法などの靴底が柔らかくかえりが良い製法で作られたものです。

これらの靴も簡単に履けたわけではないのですから、既成靴、しかも革底が硬く慣らすのが大変なので有名なチャーチを買ってきて履けるというようなことが本当に実現するのか、そもそも靴底の慣らしなどできるのか? 購入したはいいものの不安でいっぱいでありました。

実際、ショップで試着をみたところ、なんとかなりそうな感じは確かに感じたのですが、と同時にこれこのままでは無理だろうなというのも頭の片隅にはありました。

どうしようもなくぶかぶかでも無いけれど、紐を締めても限度がある感じ。(内羽根ですしね)
そして、右足のこゆびが当たる感覚。
本当は、もうハーフサイズ下げたい。と思って試着をしましたが、そうするとやっぱりゆびが当たってこれは絶対にダメなやつ。

中敷をちょっとなんとかしたら履ける可能性があるような気もするとは思うのですが、実際のところ今まで中敷調整でうまくいった試しもなく自信はハーフハーフです。

自宅に持ち帰ったチャーチは、とりあえず手で底を少々曲げてみます。

・・・・固い・・・。

試しばきは次の日にしようと思っていたのですが、やっぱりできるだけ早く感触が知りたい感じ。

履く前に靴をおろす前のケアを行い、靴底にデリケートクリームを塗ってみたりして焼け石に水っぽいけれどとりあえず靴をできるだけしなやかな状態にしてから履く準備を行います。

そして・・・・

ドキドキしながら足入れし、コンビニまでアイスクリームを買いに出かけることにするkなのでした。

(続く)



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 17:42| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]