top_banner.jpg

2018年06月17日

ちょいちょい靴をオーダーしているお話(その1 ショートブーツ)

こんにちは!kです!

ここ半年くらいの間にアルスノバで靴を2足オーダーしたというお話をさせていただいておりましたが、やっと2足目が手元に届きましたのでそろそろご紹介させていただきたいと思います。

さてまずは1足目がこちらのブーツです!
ブーツをオーダー2足目に選んだのは、私はブーツが大の苦手で、ありとあらゆるブーツがブカブカの長靴のような感じになってしまうので一度フィットしたブーツというものを履いてみたいと思ったからです!(ミドル、ロングとなるほどにお値段もアップなので)このブーツはショートブーツの中では一番丈を長くしてもらいました。足が太く見えないもうちょっと短めの長さが店主のオススメだそうです。

1足目の白い靴はするっとはけてしまったのですが、このブーツは結構難物でハイアーチ部分が引っかかって最初は履くのに難儀しました。お店のスタッフの女性と店長と三人がかりで履いた感じ(苦笑)するっと滑る素材のストッキング、タイツ類でないと履くのは無理ですね。今は少しコツを掴んだと思います。

新品の革が硬いので、家まで履いて帰ると2回目からは楽に履くことができるという仕掛けのようです。アルスノバは短靴のイメージですが、ブーツは店長の一押しなので、1足目から作ることができるようですよ。

さて、肝腎の履き心地。これは、今まで履いたことがないブーツです。
革でできた着圧靴下?
特に踵から踏まずあたりまでがっちり掴まれている感覚というのはなかなかないものです。アルスノバのサイズシステムは、コンビネーションラストというものを使っているため、踵ーふまず と 前足部分とを別々にフィッティングして決めていきます。このシステムがあるからかかとはもっと小さくしたいけど、前はぎゅうぎゅうで痛いというような恐れなく、思う存分かかとをきっちり決めることができるという合理的な仕組みです。私は踵サイズは一番小さいものではないのですが、最近、さらにちいさい踵サイズの木型が新たに開発されているそうです。


こちらはかなり古い写真ですが、私の脚をみると膝が内側に入ってつま先が外を向いていますね。
それをまっすぐにされるような感覚があります。

最初はきつくて履くのが大変だったのですが、だんだん楽になってきたので秋冬はもう少し活用していきたいと思います!

ブーツを今頃アップかよ!って思いましたが、オーダーして出来上がるのに2ヶ月くらいは考えておいた方がいいので、今季の秋冬活用されたい方は9月ごろまでにオーダーされるのがオススメです。



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】

posted by k(けー) at 09:05| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]