top_banner.jpg

2018年11月12日

ありがとうございます!投票数が1500を超えています!

足囲測ろう!プロジェクトは、多くの女性に足囲を測り、ご自身の足のサイズを知ってもらうためのプロジェクトです。
おかげさまで投票数が1500を超えました。

投票してくださった方、そくぷろに賛同してシェアしてくださっている皆様、ありがとうございます!

中間集計結果を発表したいと思います。
(過去の中間集計: 【祝!投票数が1000を超えました】足囲投票 中間集計!2015   足囲測ろう!プロジェクト そくぷろ中間発表!(2014) そくぷろ投票中間発表!(2013)) 

【接地足囲】

まずは、接地足囲の投票結果です。多い順にC(22%)D(20%)B(17%)となっており、B〜Cでほぼ6割を占めている結果になっています。
2018setti.png

【空中足囲】

この足囲は、測り方によって相当誤差が出やすい数値ではありますが、投票してくださっている方は、一般的に言われている数値よりも細い方が多いことがわかります。
AA以下が41%にも登ります。

2018kuchu.png2018sokui.png

【ワイズ差】

ワイズ差は、接地と空中の差になります。これが大きいほど柔らかい足のために、靴選びが難しいタイプの可能性があります。※通常は、それほど変化がないこと(1ワイズほどの違い)を想定して靴は作られているそうです。

2018width.png

なぜ、ぴったりの靴がないんだろう?とお悩みの方
靴って我慢して履くものでしょう?とお思いの方
足のサイズを測った事がない方、
空中足囲って何?という方

一度、足囲を測ってみませんか?
あなたの足は、あなたの思っている大きさですか?

測り方や投票フォームはこちらからどうぞ!
bnr_sokuihakarou_01.gif


※まとめてデータを送りたいなどのご要望にも対応しております。About Us(リンク先記事一番下にメールフォームへのリンク有り)よりご相談ください。

そくぷろは1万人の投票を目指してゆるゆると活動を続けています。

ラベル:そくぷろ

2018年04月22日

革靴を買ったからにはシューケア

こんにちは!kです。

ここのところ、立て続けに革靴を買っています。
お友達も色々とオーダーされている方もいらっしゃって、そんな時に気になるのはやはり「シューケア」ではないでしょうか?

以前、靴を買った時にもいろいろと調べさせていただきました。
その頃の記事が、こちらになります。


ただ、結局毎日履くわけではない靴をなかなかケアしきれない、現実もあります。

そもそも、男性の靴と違って女性の靴って基本的に「素材」「色」のバリエーションが多すぎて!!!
やろうとすると道具やクリーム類が大量に必要になってくる感じじゃないですか。いや、無色でいいってはわかってるんですけど、それにしたって。うちにある靴はエナメルも、メタリックも、スエードも、型押し革も、エキゾチックも、白も、茶も、赤も、黒も、ラベンダーもあるわけです。

考えただけで気が滅入ります。別に、靴をお手入れするのが好きってほどじゃないから。

そういうわけで、最近は、Twitterで靴をピカピカに磨くのが好きな方々との交流で、何か靴磨きを好きになるコツみたいなもの?が探れないかと思っていましたが・・・。

お話を聞けば聞くほど、靴磨きは非常に奥深い。そう、まさに趣味の領域なんですよ!

これは、ちょっと簡単に手が出せる領域ではない感じです。

そのうえ、チャーチのお店では、店員さんから「クリーム塗らないでください」「ブラシだけでいいです」というお話もありました。
かなり淡いカラーなのでクリームで色が変わってしまったり、ムラになってしまったりする可能性もあるんですよね。
これも女性の靴にはよくありがちです。

でも、ブラッシングについて考えてみれば、靴が好きなみなさんがなさっていることなんですよ。

「帰ったら履いていた靴にブラシをかける!」

これです!これならなんとかマネできる!

ブラッシングの良いところは
  1. 靴の色・素材に関係なく、馬毛ブラシを一本持っておけば良い(泥用、ほこり用に分けても良い)
  2. 時間はほとんどかからない。
  3. 革をほこりから守り、乾燥や汚れを抑える。
  4. 靴をよく見るようになり、修理どきが確認できる。(気になれば、クリーム等の手入れをすればよい)
まさにいいところずくめ!

ということで、玄関の手に取りやすいところに「馬毛ブラシ」をおいておくことにしました!





bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】

2018年01月29日

靴紐を切ろう!

こんばんは!kです。

本年初めてのブログです。
去年のブログの記事が中途半端なままですが、続きは書きますので少々お待ちください!

ところで、先日某靴屋さんで紐靴を購入しました。

試着して紐を締めると最大限リボンの輪っかを大きくしても、まだまだ地面につきそう。


細幅あるあるだと思うのですが、靴紐が長いと地面についてすぐ解ける、汚くなる、などの不具合が発生しますよね。最近の私は、紐を自分で切ったり、短い紐に付け替えたりしています。


しかし、せっかくの新しい靴、あまりの紐の長さに、靴紐って切ってもらえますか?と聞いてみました。

お店の人は「はあ?」という反応。靴紐切ってほしいというオーダーはこちらのお店ではあまりないようです。
「靴紐の先の硬い部分がなくなってしまうので靴紐は切らない方がいいですよ」
と言われてしまいました。

うーん、残念。

確かに靴紐の先がなくなると紐通すのが難しくなってしまうので、ただ切るというわけには行かないのです。

靴紐が長すぎて困ってらっしゃる方向けに、熱圧縮チューブを使って紐の長さを調整する方法をオススメします。

ちょうど動画があったのでご紹介しますが、他にもネットで調べるといろいろ出てきますよ。


専用品がシューレースパイプとしても売っていますが、工作用のチューブでも対応可能です。

自分でやるのが面倒、紐の色を変えたいというような方には靴紐のオーダーメイドもあります。カラー太さなどにこだわりのある方はぜひ、使ってみてください。私は「靴ひも工房」というネットショップで頼んでみましたがかなりしっかりしたいい紐でした!




靴紐を適切な長さにするとかなりストレス軽減になるのでぜひお試しください♪
続きを読む