top_banner.jpg

2018年04月21日

チャーチが履けた!(クララが立った的な感じで)(4)

こんばんは!kです。

さて、Church’sで購入してきた靴が履けたことが私の中の事件になった、その理由、感覚をお伝えするのが難しいのですが、単純に言えば5年前の私であればこのまったく同じ靴を楽だと感じて履くことはできなかったということに尽きると思います。

当時こういうかかとやつま先がしっかりした硬い素材の靴、さらに、底がしっかりした重い革靴は当時の私にとっての天敵のようなものだったからです。その頃の私は、紐靴だろうと、パンプスだろうと変わらず、革靴を履くと血を見るという感じでした。最近でこそやっとセミオーダー等で履けそうな靴を作って履いてはいますが、全般的にみるとスニーカーのほうがやっぱり楽なのです。だからこそ、既成の革靴の中から、薄いインソールを一枚入れれば履ける靴を発見できたことは、私にとっての革命ともいえる出来事だったのです。

そして、それは5年前と比較して、私の方が何か変わったからではないかと思うのです。

一つは、そもそも、この靴を自分が履けそうな靴として選ぶことができたこと自体。

当然、靴屋でのフィットはブカブカでした。その上で、この靴を履く際に、自分なりにどうやれば履けそうかという調整についてもイメージして購入できたことです。中敷き一枚のイメージは購入時からありました。

しかし、そのことに自信があったわけではないのです。

今回は、たまたま入ったチャーチのショップがセール中であったのが購入を後押ししたのは間違いありません。今の私にとっても、履けない可能性もあるという思いがありながら購入する靴でした。その意味で、とてもプロパーの価格では購入する気にはならなかったでしょう。

だからこそ、この靴が履けたことは自分の靴選びに関してものすごく自信が持てる結果になりました。このような選択ができるようになったのは私なりに革の紐靴を履くという経験値を積み上げてきたからこそでもあると思います。履ける靴との差異を感じることでこの選択が可能になったのではないかと思います。

もう一つは、靴と仲良くできるようになったということです。

昔の私はどうやっても、靴底のかかとの後ろ側一部だけが極端に擦れていました。

ぶかぶかの靴を履いていたというだけの理由ではなく、靴とかみ合っておらず、別の言葉でいえば、うまく歩けていませんでした。この靴は二日目の段階で、靴の足裏全体がつかえていて固い靴底でも楽に歩けました。そして、気が付いたのは、靴と足とがうまく、かみ合ってきているということです。うまく言えないのですが、靴が地面に当たるタイミング、足が靴を押すタイミングそんなものがかみ合っているように感じたのです。いくら硬い靴底とはいえ所詮は革。成人女子の体重がうまいタイミングでかかれば問題なく曲がるはずなのですから・・・。

歩行という動作は、筋力だけでなく自分の体重をうまく使っていくことが大事となります。そう考えると、過去の私はそれをうまく靴に伝えることができていなかったから靴と足が喧嘩して、傷だらけになってしまっていたのではないかと感じました。まあ、ブカブカの靴はタイミングを合わせるのがとても難しいので、うまくいかないのも当たり前だったんですけれど。

そんな私でも、少しでもあった靴を履いて歩いていく中で少しずつその歩行のタイミングをつかめるようになってきたのではないか?と感じます。

そして、靴とうまくやれるようになったことで、より難易度の高い靴と仲良くするためのステップアップになったように感じられたのです。

今の靴の裏は、こんな感じ。いかにも足のうら全体を使えている感じがでてきています(当社比)


よく考えてみたら、革の紐靴の方がパンプスより難易度低いはずなんで、チャーチが履けるようになったのはパンプスへ一歩近づいたのでは?と思っています。気を良くして今年の春・夏はもう少しいろんな靴に挑戦してみたいです。

ところで、最初にテストで入れたのは100円ショップのいけてない中敷。つま先が足りていないのではき心地が微妙だったので、現在はこの中敷のかかと部分のみを入れています。若干物足りないので、様子を見て今度はタンパッドを試すかもしれません。

 

(チャーチが履けた!終わり)


チャーチが履けた!リンク(1)(2)(3)(4)



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 22:14| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーチが履けた!(クララが立った的な感じで)(3)

おはようございます!kです。

すっかり、間が空いてしまいましたが、チャーチが履けた話の続きを・・・。

【今までのお話】
とあるきっかけで、Church'sショップに立ち寄ったk。
するとなんとういことか、思いもかけずセール中。
「絶好のお試しチャンス」に購入を決断したkは、家に持ち帰り新しい靴を履いてみることに!


新しい靴を履いてアイスクリームを買うというミッションを実行しに外に踏み出たk

恐る恐る歩いてみたところ、とりあえず少し右のこゆびがあたるような気がするけれどなんとなく歩けるじゃないですか!

と思ったのもつかの間、ちょっと歩くとだんだんとこゆびがジンジンしてきました。

なにせ こゆびの内側側面には、ウオノメができていてちょっとの刺激ですごく痛むのです。(よくもそのコンディションで履いてみようと思ったものです)


・・・痛い・・・まずは、いったん休憩が必要だ・・・。


私は、アイスクリームを買うのを取りやめて、近所のカフェに行き先を変更することにしました。

しかし、カフェラテを一杯いただいている間にもこゆびの痛みはジンジン増す一方です。


痛みを我慢しながらとりあえず自宅に帰ってきましたが、この調子では、明日、この靴を履いてお出かけというふうにはいきません。


家に帰り、早速、靴下を脱いで足をチェック。

当然、こゆびは真っ赤になっています。


その後、靴の裏の削れ具合もチェックしてみました。


つま先と、かかとの一部だけが擦れています。

うまく表現できないのですが、明らかにうまく歩けているとは言えず、なんとなく躓いているという感じです。

躓いているということは、足長の短いものを購入しているわけであしゆびへの負担も結構ありそう。

靴底がなじめば少しはましになるのかもしれませんが、それを待っていられません。


さて、このままではどうしようもない・・・。でも、この痛みを抱えて履ける気はしない。


過去に積みあがっている履けなかった靴の山。

どれだけの靴を無駄にしてきたことか。

家にあるもので何とかなるかな・・・と使っていないハーフインソールを取り出してセットしてみましたが、なんとなくしっくりきません。

とりあえず、一ミリくらいの中敷きを敷いてみるか・・・と近くの100円ショップに出かけて婦人用の中敷きを買ってきてみました。

こういうやつ↓(画像を借りるためにアフィリエイトに貼っています)こちらは厚み3ミリですがもっと薄いタイプです。

説明書通りに中敷きをカットしてとりあえず敷いてみることにします。

もともとの靴のつま先が長いため、先っぽのほうにはインソールが届いていなくてあしゆびが触るときになんとなく違和感がありますが、靴のフィットはアップ。とりあえず、これで外出してみることにします。

いきなりの外出でしたが、(といっても出先には替えの靴あり)まったく問題がなく、むしろ快適。

2日目の靴裏をチェックした画像はこちら。


足全体がつかえている!どこか一部だけに負担がかかってる感じではないじゃないですか!これは私的な快挙です!

だって、これ。いわゆる、靴屋さんでいうところの一枚中敷き追加しておきますね?というやつ。これで履けたことがかつてあっただろうか、いやない。

革靴がまともに履けたことがなかったのに、靴屋に一人で行って普通に買ってきたしっかりした固い靴が二日目で痛くなくて履けた!

すごい!チャーチが履けた!

誰にもわからなくても私の中ではすごい事件として、心に刻まれた。そんな出来事でした。

(もう少し続きます。)



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 08:04| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

靴のオーダー前にぬりえしてイメージを高める。

おはようございます!
kです。

Twitterをお読みになってくださっている方はご存知かもしれませんがこの冬・春で アルスノバで2足の靴をオーダーいたしました。
ショートブーツとアンクルブーツです。
そのことについてはまたおいおいレビューをさせていただきたいと思いますが・・・。

先日、アルスノバにご一緒させていただいたお友達。
1足オーダーされて、まだ出来上がっていないのにも関わらず次の靴も欲しい気持ちでいっぱいになられたほど、気に入られたようです。

いろいろな色の革があるので、どんな感じの組み合わせにしようかとイメージするためにスケッチされて作られたぬりえ。
とっても可愛いし、何よりぬりえって楽しい!

他にもオーダーしたい方、ぬりえをしてみたい方がいたら、使っていただけるかもとご厚意によりぬりえ加工したPDFをダウンロードしてお使いいただけることになりました。

ぬりえはこちらです。nurie.pdfnurie.pdf

まめゆずこさんありがとうございました。

どの靴屋さんにオーダーする時でも、ちょっとしたぬりえをして見るだけで随分と靴のイメージが具体的になってくると思うのでオススメです。

ちなみに、アルスノバは足の状況等により選べる靴のデザインが異なるため、一番最初に勧められる可能性が高い靴は下記デザインです。
(私の白い靴です。)こちらの写真もぬりえがわりにお使いになれますのでご興味のある方はぜひご利用になってみてください。

IMG_2660.JPG

最後に私がしてみたぬりえ、こんな感じでお試しいただけます。(色鉛筆でオッケーですよ)
ラベル:紐靴 靴オーダー
posted by k(けー) at 08:37| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする