top_banner.jpg

2018年03月18日

フルオーダーの難しさ  〜 現在のための靴、将来のための靴 〜

おはようございます!kです!

今日は久々にフルオーダーの話を書いてみたいとおもいます。

細幅靴の既成靴はなかなかないので、パターンオーダーなどを利用されることも多いとおもいます。

私が利用しているポディアや アルスノバなどの靴屋さんもパターンオーダーのお店です。
アルスノバは、コンビネーションラストという かかと部分と前足部分のサイズを組み合わせることができる木型を使っています。たいていの細幅靴のお店は木型ありきのパターンオーダーですね。

ただ、パターンオーダーの場合、自分で好きなデザインというわけにはいきませんし、通販などで試着ができないお店もありますし合う靴を見つけるのが難しい方は、木型から作る「フルオーダー」に興味を持たれる方もいらっしゃるようです。

ご存知の方もいらっしゃいますが、私は実際にフルオーダーを経験したことがあります。

その時に感じたことは、フルオーダーはできるだけその人の足を写し、その時(試着の時)痛くないようにしたがる。
ということです。

だって、フルオーダーして、もしも、履いた瞬間に痛かったらあり得ない!ってなりますよね。
靴を作る方もそれは避けたいので、できるだけお客さんの意向に添い、痛くないように作ろうとするのが当然だとおもいます。

例えば、当たると痛いからすぐ伸びちゃうかもしれないけれど柔らかい革を使おうとか
このでっぱりが当たらないように伸ばしておこうとか
上記みたいなのはパターンオーダーでもできるお店がありますが、木型から作る場合には、もっと木型からそれを操作するわけです。

足の特徴を写した靴って良さそうに聞こえますが、トラブルをトラブルのまま温存する可能性があるとも考えられます。

この記事でいう「現在のための靴」になりやすいのです。

私はできれば自分のトラブルを改善して足のアライメントも良くしたいので、アライメントを悪いまま固定するような可能性がある木型を作りたいと思わなくなり、木型を作るところから靴を作ることをやめることにしました。
そもそも、私の足は計測するたびにふにゃふにゃと変わるので、木型をうまく作るのだって無理があったのです。(足がしっかりしてないと難しいのです!)
そのうえ、アライメントを良くしたい変化させたいって気持ちがあるときに、木型ってタイミングやっぱり違うんです。

フルオーダーは大事な技術です。状況により必要な方もいらっしゃるし、きちんと職人の方とうまいコミュニケーションが取れて、要望が伝えられればうまくできる可能性もあります。素晴らしい靴を作る方がいらっしゃってその靴に惚れ込んでということもあるかもしれません。それはそれで素晴らしいことです。

ただ、もともと、ビスポークシューズというものは、木型からオーダーする場合であっても、何度かの注文を繰り返して、どんどん木型をブラッシュアップしていくという性質のもので最初からドンピシャな靴が出来上がることを想定していないということも知っておくべきです。

そして、どうしてもぴったりの靴を履いた経験が極度に少ない細幅の足の持ち主はそれだけで感覚がうまく捉えにくいというディスアドバンテージがあることを認識しておくと良いとおもいます。また、痛みが強い状態では適切な判断ができないかもしれません。

これは、靴に限らずですが、何かを「フルオーダー」するということにおいては、注文主側にも相当の知識とコミュニケーション能力がないとうまくいかないものです。これなら正解の幅の中にあるという感覚を知らないという状況で、お任せでは、あれ?思ってたものとまったく違うということになりかねないのです。

靴職人は魔法使いではありません。お任せで、最高の靴ができた!っということを期待していくとお互いに辛い思いをすることになる可能性があります。

ここでこの記事は書かせていただいたのは、細幅の方は、靴が好きで靴探しをしているというよりも必要に駆られてということのほうが多いと思うからです。

靴が好きで、それでもやってみたい!失敗しても別にオッケー!という方を止めるつもりはまったくありません。ぜひ、楽しんで靴を作ってみてください。

そうでない方は、まずはなんとか及第点の50点の靴を探し当ててから、本当に必要かどうか考えてみてはいかがでしょうか?

最後にオーダーについて、私が書いた古いブログですが、ご参考まで。



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 10:26| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

現在のための靴、将来のための靴

おはようございます!kです。

チャーチのお話が途中ですが、皆さんにとって履ける靴、履けない靴ってどんな靴でしょうか?

私がよく履く靴の基準は、仕事に出かけられる靴です。
たいして歩かないのですが、電車に乗って出かけて、オフィスワークで一日中履いている。感じ。

最近、あまり靴を買う話をしていませんが、私の靴箱にはそれなりに靴が積み上がっています。細い靴みつけたよ、みたいなものではないのであまりご紹介はしていません。

今現在、私が靴を買うときに考えることは色々ありますが、
とても重要にしている軸が二つあります。

今買おうとしている靴は、●現在のための靴 か ●将来のための靴 か です。

「現在のための靴」には下記のようなものがあります。

●足にいいかどうかはおいておいて、脱ぎ履きしやすくちょっと近所を歩くなどに適している。
●必要な機会にとりあえず短時間でも履ける(式、ドレスアップする必要がある際等)
●楽に長時間履ける(カウンターなどはない)見た目もまあ悪くない ニットスニーカーなど。

「将来のための靴」には下記のようなものがあります。
●しっかりして体を支えてくれる。
●歩行のガイドになり、自分の現状を確認できるもの。足を整える方向性を明確にしてくれるもの。
(メンテナンスシューズ)

そして、
今は履けないけど、将来履けたらいいなと思っているもの。
 (大抵、将来の「現在のための靴」になることが想定される)



将来のためのメンテナンスシューズは、私の場合にはきちんと支えてくれるだけに自分もまっすぐしっかりしてないと当たりやすくなることもあります。だいぶ履けるようにはなっているのですが、痛いの苦手な私には辛い時もあります。
楽な靴は1日過ごすのは楽ですが、間違ったフォームで歩いても別に何もサポートしてくれないので、間違いが助長される恐れがあります。

実際には、現在のための靴、将来のための靴はかっきり二つに別れているわけでもないのですが、
私の場合には
「しばらくゆるい靴が続いたから、このメンテナンスシューズを履こう」
とか、
「このまえも楽な靴を買ってたぞ、今はやめておこう」
とか、そういう感じで考えることに役立てています。

今は履けない靴というのも結構大事にしていて、たまに履いてみると自分の現状を確かめるすべになるからです。

ルブタンのパンプスも痛みの出方がだいぶ楽になってきています。
部屋の中で履いてみるくらいしかまだやってませんけれど・・・・。
それでも、こういった変化はトレーニングのモチベーションアップになります。

ケースバイケースで使い分けていろんな靴が履けたらいいなと思っています!



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 08:10| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

チャーチが履けた!(クララが立った的な感じで)(2)

こんにちは!kです!

さて、たまたま入ったお店でセールをやってたという理由で買ってしまったチャーチを履いてアイスクリームを買うミッションに出かけたkさん、いったいどうなってしまうのか?の続きの前にここで、なぜ、Cherch'sが履けることがどれほど私にとってすごいことなのか、説明をしておこうと思います。

皆さんは いわゆる「靴底がかたく、慣らしが必要な革底の靴」をおはきになったことはありますでしょうか?

私は実はこれが初めてのことだと思います。

基本的に私が靴に困っていなかったのは普段からスニーカーを履いていたからであり、紐であろうとローヒールであろうと革靴というものはすべからく、痛くて履けないものでした。

これは履けそうと思って購入した靴を履いて100メートルも歩いたところで、かかとは完全に剥けて激痛。一歩も歩けなくなる。
全治1ヶ月の傷を負い、絶望しながらそのままかかとを保護して1ヶ月はできるだけかかとに触らないような靴を履いて過ごす。

みたいなことがかなりの確度で起きるわけです。あまりの失敗率の高さに高価な靴を買う気になどなれません。なんとか履くために、かかとには芯が入っていないふにゃふにゃのものを選びます。

最近では革靴も履くようになりましたが、それは全て、オーダー靴(サイズに合わせて作ってもらったもの、ポディア、白靴)。これらの靴は、ボロネーゼ製法などの靴底が柔らかくかえりが良い製法で作られたものです。

これらの靴も簡単に履けたわけではないのですから、既成靴、しかも革底が硬く慣らすのが大変なので有名なチャーチを買ってきて履けるというようなことが本当に実現するのか、そもそも靴底の慣らしなどできるのか? 購入したはいいものの不安でいっぱいでありました。

実際、ショップで試着をみたところ、なんとかなりそうな感じは確かに感じたのですが、と同時にこれこのままでは無理だろうなというのも頭の片隅にはありました。

どうしようもなくぶかぶかでも無いけれど、紐を締めても限度がある感じ。(内羽根ですしね)
そして、右足のこゆびが当たる感覚。
本当は、もうハーフサイズ下げたい。と思って試着をしましたが、そうするとやっぱりゆびが当たってこれは絶対にダメなやつ。

中敷をちょっとなんとかしたら履ける可能性があるような気もするとは思うのですが、実際のところ今まで中敷調整でうまくいった試しもなく自信はハーフハーフです。

自宅に持ち帰ったチャーチは、とりあえず手で底を少々曲げてみます。

・・・・固い・・・。

試しばきは次の日にしようと思っていたのですが、やっぱりできるだけ早く感触が知りたい感じ。

履く前に靴をおろす前のケアを行い、靴底にデリケートクリームを塗ってみたりして焼け石に水っぽいけれどとりあえず靴をできるだけしなやかな状態にしてから履く準備を行います。

そして・・・・

ドキドキしながら足入れし、コンビニまでアイスクリームを買いに出かけることにするkなのでした。

(続く)



bnr_sokuihakarou_01.gif
【足囲測ろう!プロジェクト(そくぷろ)】
posted by k(けー) at 17:42| Comment(0) | 足と靴の個人的な話:k(けー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする